お金を借りる時の審査方法とは!?急いで借りたときも銀行から借りたいときも。。

お金を借りる時の審査方法とは

お金を借りる際の審査方法

お金借りる目的は個人の場合は、自動車ローンや住宅ローンなども目的別のローンを組んだり、使途が自由なフリーローンやキャッシングを利用することが多いですし、企業でも事業資金などで融資を受けています。 そして、そうした融資を受けるためには、銀行や消費者金融などの金融機関を利用することとなりますが、やはり審査は避けて通ることはできません。 その審査方法についてですが、まずはその人に返済能力があるかどうかが確認されることとなりますし、目的別のローンなどではその資金をどんな目的で利用するのかも確認されます。 返済能力があるかということについての審査方法は、まずは安定した収入があることが大切ですのでその人の年収や勤続年数などがチェックされ、さらに現在の借入件数なども確認が必要です。 消費者金融では総量規制があり、年収の3分の1までの借り入れとなっていますので、それを超える借り入れとなった場合は新たに融資を受けられません。 書類や入力フォームで、現在の借り入れについては記入されますが、こうした情報は情報センターで紹介されますので、虚偽の記載があった場合でもすぐに発覚しますので、正直に書く必要があります。 そして、銀行の借り入れなどは総量規制の対象とはなりません。 それから、過去の金融の利用についても確認が行われ、過去に債務整理をしている場合はその情報が残っている場合は融資を受けられない場合もありますし、延滞などのトラブルを起こしていないかなどもチェックされます。

ご利用は計画的に

カードローンを利用するときは、資金量の大きさが影響しているのか、一般的に消費者金融より銀行の方が利息が安いといえます。 それであれば銀行を使用するよりも消費者金融を利用するのが正しい選択と言えるのかというと、一概にそうではないという事もあります。 というのは、消費者金融は一般的に言って貸出の方法に様々な形式を取る場合が多く利用の仕方によっては銀行を利用するよりも有利な場合が考えられるからです。 その例として挙げられるのが、無利息期間をもうける会社が存在するということです。 最近よく見るのは借入してから1週間は無利息というところはよく見ますし、中には30日間無料というところもあるようです。 仮に50万借りた場合カードローンで最も安いところでも初回の金利は1日辺りで150円はかかってしまいます。 1週間で換算すると1050円この金額について安くて気にならないという方であれば会社を選ぶ際の選択肢はどちらでも良いといえますが、個人事業を営んでいて残り1週間だけ足りないんだよという方であれば無駄な利息をかけることもなく経営がスムーズに行くということを考えればどちらが良いのかということは自ずと結果はでてくるはずです。 たかが1週間でしょということでは何も書けないのもいいかもしれませんが、1年のうちで1週間足りないということを考えたときに1050円×回数ということになれば浮いた金額で人一人を雇うこともできるかもしれません。

(c)www.x-press.jp All Rights Reserved.